カテゴリ・アーカイブのテンプレート作成

<< 前のページ ヘッダ部分に画像を挿入する

(以下の作業の前に、個別エントリーを5つほど、カテゴリも3つほど作成しておきます。)

カテゴリ・アーカイブのテンプレートを作成します。MovableTypeの管理画面から、テンプレート→アーカイブ→カテゴリ・アーカイブで編集可能となります。
メインページテンプレート、スタイルシート作成の時と同様に、初期状態で記述されているソースを全て削除します。(バックアップをお願いいたします。)

まずはメインページのテンプレートをコピーしてカテゴリ・アーカイブに貼り付けます。そして必要な部分を修正していきます。ヘッダとフッタの部分は、メインページと同じデザイン、文字とするため、修正は一切しません。

カテゴリ・アーカイブに貼り付けたソースの修正箇所は、コンテンツ部分のみです。この部分だけ削除し、カテゴリのタイトルと、そのカテゴリに所属するエントリーを表示するためのMovableType用のタグを入れます。




<!-- コンテンツ開始 -->

<div id="content">
<h3><$MTArchiveTitle$></h3>
<MTEntries>
<p><a href="<$MTEntryPermalink$>">
<$MTEntryTitle$></a></p>
<p><$MTEntryExcerpt$></p>
</MTEntries>
</div>

<!-- コンテンツ終了 -->


メインページとの違いは、コンテンツ部分(太字)のみです。
<MTEntries>と</MTEntries>に囲まれた部分がエントリー数分だけ出力されます。出力内容は以下となります。

<$MTArchiveTitle$>はカテゴリーのタイトルを出力します。
<$MTEntryPermalink$>は個別エントリーへのURLを出力します。
<$MTEntryTitle$><は個別エントリーのタイトルを出力します。
<$MTEntryExcerpt$>は個別エントリーの概要を出力します。

次に、メインページのテンプレートにカテゴリページへのリンクを追記します。




<!-- コンテンツ開始 -->
<div id="content">

<MTCategories show_empty="1">
<span><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>">
<$MTCategoryLabel$></a></span>
</MTCategories>

<MTEntries lastn="5">
<h3><$MTEntryTitle$></h3>
<$MTEntryBody$>
</MTEntries>
</div>
<!-- コンテンツ終了 -->



<MTCategories show_empty="1">と</MTCategories>に囲まれた部分でカテゴリーの数だけ出力します。
show_empty="1"で、個別エントリーが1つも無いカテゴリ名も表示するようにしています。
<$MTCategoryArchiveLink$>はカテゴリへのリンクを出力します。
<$MTCategoryLabel$>は、カテゴリ名を出力します。

次回は、カテゴリアーカイブとメインページを修正後、再構築し、ブラウザで確認してみます。

次のページ >> メインページからカテゴリーページへの遷移確認

▲ページトップへ